・6

「次、生まれ変わったら・・・」 なんて 考えないほうがいい。 それを 「明日、目が覚めたら・・・」 に変えるんだ。 そのために 熱い血が流れているんだからさ。 おやすみなさい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・5

夏の終りには 必ず雨が降る。 それが合図。 鈴虫が鳴いている。 蝉が鳴いている。 それぞれの合図で それぞれ終る。 僕はまだ鳴いている。 まだ まだ。 夏の終りには 必ず雨が降る。 それが合図。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・4

”直感”で決めたことって どのくらいあったんだろう。 ここぞって時 ほとんどが”直感”だったような 気がするよ。 「こころが震える感じ」 そっちを選ぶ。 そして、そいつはいつも ワクワク・ドキドキを連れている。 いてもたってもいられない。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・蔵書場所

下記場所に、happy出版の絵本が置いてあります。 お立ち寄りの際 お時間がありましたら ぜひご覧ください。  (長野県)  ・長野市立長野図書館 ――― 「ねこが死んだ日」                       「ある”モン”のおはなし」                       「砂漠に咲いた ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・読者の声

ねこが死んだ日   大切な気持ちが書かれていて   とても心に響く絵本でした。   何度読んでも涙が出ます。  (事務員 26歳女性)   内容もだが、絵がすごくよい。  (無職 63歳男性) ある”モン”のおはなし   深くて、考えさせられる絵本だ。   何故か気になる不思議な絵本。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・3

たまたま停めた街灯の下。 少し目を閉じて からだの力を抜く。 「明日はどんな一日になるんだろう。」 すると、灯りが窓越しから云った。 「このまま明日まで居れば分かるよ。」 そりゃそうだ 僕はエンジンをかけて 急いで帰った。 高杉晋作の辞世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・2

朝、車から虹がみえた。 半分。 数年前、happy出版第1号「おはなしえほん」の 手売り初日にも虹がみえた。 半分の半分。 同じ虹ではないけれど、 見上げる気持ちは 忘れない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more